前へ
次へ

不動産の賃貸事情の変化について

従来の不動産における賃貸は、従来からの名残として地主が土地を貸してあげる立場的な考え方が主流でした。
関東と関西においては、借りるための敷金、保証金や礼金などに違いがありますが、不動産における賃貸事情に変化が現れてきています。
不動産を賃貸として貸し出す側からこすれば、最も気になるのは空室率の状況です。
社会的な傾向としては、高齢者は、ローンを支払い住宅を持ち合わせている場合も多くあります。
若い人の方が、賃貸として借りる傾向も高く、少子高齢化時代に伴い、借り手の需要が減りつつもあるのです。
現在の若い人は、給料も割と少なく、借りるための資金が大きな壁となっている場合もあります。
貸す側としては、敷金、保証金や礼金を取り払う方が貸しやすく、不動産の運営における傾向が変わりつつあります。
初めに貸しやすい状況であれば、多少家賃の設定を高めても、入居者が現れる可能性もあるでしょう。
本来手にできる、礼金や敷金や保証金を家賃に上乗せさせる考え方であれば、貸し手も借り手も、納得できる方法とも呼べるかもしれません。

Page Top