前へ
次へ

不動産を賃貸経営するときの準備とは

不動産を賃貸経営するときの準備を解説します。
基本となるアパート経営で準備すべき点を紹介しますが、はじめての人でも順序立てて進めて行けばちゃんと賃貸物件の経営者になれます。
まず最初にすべきことは、目標の設定です。
まとまった投資になりますので、収益目標は明確にする必要があります。
不労所得にするのか、節税対策なのか、生活資金なのかによって得るべき金額が変わって来ますので、自分が何のために不動産を賃貸経営するのかは明確にしておきましょう。
次に、空室リスクをおさえるためにターゲットの決定が必要です。
一人用と家族用では設備がまったく異なりますし投資も変わりますが、単なる希望ではなく立地からターゲットをはっきりさせる必要がありますので、しっかりマーケティングしてください。
ターゲットが決まれば間取りや設備も決まり、建築費用などイニシャルコストが見積れます。
相場より安くできれば入居者が集まりやすいですが、何年でイニシャルを回収できるかきちんと算段しましょう。
こうした一定の経営知識は身に付ける必要があります。
精通するのは難しいですが、信頼できる不動産会社を見つけてサポートを受けながら進めるのがおすすめです。

Page Top